鳥取駅前の歯科医院です。

小児歯科

小児歯科

小児歯科とは

子供の虫歯は、将来の生活に大きな影響を与えます。
虫歯があると食べ物の咀嚼がうまくできず身体に悪影響を与え、顎の発育不全などの原因となります。
また虫歯を放置すると、永久歯が生えてきたときに決められた場所に生えず、
歯ならびや乳歯の下の永久歯の芽にも悪影響を及ぼします。
このような悪影響を避けるために予防を行い、虫歯の早期発見・治療をするのです。
しかし小児歯科の役割は、ただ虫歯の治療をするだけではありません。
子供の健康を守るために口の中の病気の診断をし、治療方針を決め、
歯が生え始めてから永久歯に生え変わるまで、しかもそれが正しい位置に生えるように導き、
トータルで口の中の健康管理をすることが小児歯科の使命なのです。

 

定期検診

生後すぐの赤ちゃんの口の中には虫歯の菌は存在していませんが、生後6ヵ月を過ぎた頃から、母親が一度口につけた離乳食などを与えられるため、
母親の口の中にミュータンス菌(虫歯菌)が潜んでいると、赤ちゃんに感染してしまいます。
母親の口腔内環境の改善と赤ちゃんの口腔ケアは両方行う必要があります。
子供の歯は大人に比べて柔らかく、虫歯がとても早く進行してしまうものです。
つまり、将来のためにも早い段階でのしっかりとしたデンタルケアがとても大切になってくるのです。
年に数回は定期検診を受け、口の健康状態をチェックしましょう。

子供の虫歯治療

子供の歯が虫歯になってしまったら、前述したように進行もとても早いので、早期治療が望まれます。
子供は歯医者を怖がる傾向がございますが、虫歯を放置してしまうと将来生えてくる大人の歯に悪影響を及ぼします。
大切なお子さまの歯のために、虫歯になってしまったらすぐに治療を受けましょう。


トップページ 院内紹介 設備紹介 ドクター・スタッフ紹介 診療時間・アクセス